佐原駅前にある美味しい定食屋さん

佐原駅前にある魚八十食堂というお店は駅を出てほんのすぐのところにあります。

 

おなじみの駅改札を出てすぐ左側に見当たります。

 

町の定食屋さんといった趣で、開店直後11時半ごろに行きました。

 

メニューはこんな感じで、

今日のオススメはホワイトボードに書かれています。

 

今回は今日のオススメの赤魚の唐揚げ定食700円を頼みました。

 

おかずたっぷりのさかなの唐揚げ。

ボリュームたっぷりランチです。

 

大根おろしが唐揚げと合って、さくさくでとても美味しかったです(*^^*)

日本三大神宮の1つがここに在ります。

千葉県香取市にある香取神宮へ。

伊勢神宮、香取神宮、鹿島神宮と

日本三大神宮のうち一つです。

こちらに由緒が書かれています。
御祭神は経津主神といい、武神として崇敬されていたようです。

結構広い境内を進んでいくと楼門があります。

楼門をくぐると目の前に拝殿があります。

黒地に緑の装飾などがあり、珍しい拝殿です。
香取に来たら香取神宮は訪れなくては!っていう感じです。
佐原から3キロくらいなので、レンタサイクルを使ってぜひ行ってみてください。

京風の食事や甘味を佐原に持ち込んだお茶屋さん

忠敬橋から植田屋さん方面へ東へ数件歩いたところにあるお店
茶屋花冠

明治期からあった民家を改装した雰囲気のいいお店です。

このお店では日本一高級な抹茶「初昔」を使った宇治金時が有名でしたが、
寒かったので玉子サンドとあぶり餅を頂きました。

お店の人に聞いたところこの玉子サンドは、
京風のサンドイッチで関東では珍しいスタイルとのこと。
確かにこういった厚焼き玉子が挟まれているサンドイッチは珍しい。

これは見たことがない!

おダシが効いた玉子焼きが、
ケチャップを塗ったパンとよく合ってとっても美味しい!

テーブルにあるタバスコを掛けても美味しいとのこと。

これだけでもお腹いっぱいになりましたが、
あぶり餅も食べたかったので頼みました。

平安時代から伝わる日本で一番古いお菓子とされているものらしい。
小ぶりのお餅が串にささってこういったスタイルで出てきます。

きな粉がまぶされた餅は焼くと香ばしく、
みたらしの餡は甘い感じではなく、醤油ベースにカツオと昆布のダシを効かせたホッとする味で、山椒をかけて合う感じです。

お昼ご飯としても、
カフェタイムにもどちらにも来れるお店だと思いました。

今度はテレビで見た宇治金時を食べに来ます。

北口にあるアメリカンスタイルなおしゃれなバー

佐原の北口にあるバーシフォンへ。

 

カジュアルな内装で広々とした店内です。

 

店内はこんな感じです。

 

お酒はカクテルなどが色々ありますので、

女性や若いお客さんも結構います。

 

 

こんな感じでお酒に合うおつまみ類も充実しています。

 

友人同士やカップル等、

のんびり飲みたいなっていう人に合いそうなお店です。

名物は鴨せいろだったけど

香取神宮近くにあるのが「さらしん」です。

こちらのお店は皆さんの投稿を見ると鴨せいろ

の内容が多かったのでそちらが有名なのかな。

ただ、寒かったため温まりそうなカレーそばを頂きました。

あっさりしたカレーあんがそばによく絡みお箸が進みます。

また寒い日のカレーは身体が温まって有難い。

つゆまで頂き、帰りもポカポカ温かかったです。