京風の食事や甘味を佐原に持ち込んだお茶屋さん

忠敬橋から植田屋さん方面へ東へ数件歩いたところにあるお店
茶屋花冠

明治期からあった民家を改装した雰囲気のいいお店です。

このお店では日本一高級な抹茶「初昔」を使った宇治金時が有名でしたが、
寒かったので玉子サンドとあぶり餅を頂きました。

お店の人に聞いたところこの玉子サンドは、
京風のサンドイッチで関東では珍しいスタイルとのこと。
確かにこういった厚焼き玉子が挟まれているサンドイッチは珍しい。

これは見たことがない!

おダシが効いた玉子焼きが、
ケチャップを塗ったパンとよく合ってとっても美味しい!

テーブルにあるタバスコを掛けても美味しいとのこと。

これだけでもお腹いっぱいになりましたが、
あぶり餅も食べたかったので頼みました。

平安時代から伝わる日本で一番古いお菓子とされているものらしい。
小ぶりのお餅が串にささってこういったスタイルで出てきます。

きな粉がまぶされた餅は焼くと香ばしく、
みたらしの餡は甘い感じではなく、醤油ベースにカツオと昆布のダシを効かせたホッとする味で、山椒をかけて合う感じです。

お昼ご飯としても、
カフェタイムにもどちらにも来れるお店だと思いました。

今度はテレビで見た宇治金時を食べに来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です